読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

濃厚だった2日間。

昨日は・・・朝から昼過ぎまでデイケア・ご飯作りのお仕事。

それから自治会役員の今日のお昼のためのカレー作り。

その後、相方の生家にてお祭り料理の手伝い。

ってな、朝から晩までご飯作りだったわけです。

 

や、お仕事以外は、1人仕事ではなかったし

和気藹々とご飯を作ったんだけど、

まぁ、疲れるわけです(笑)

 

昨日の夜は、義姉さん宅で

ガンガン料理を作り、少しだけビールを頂いて

愚痴発散のように喋り倒し・・・えぇ、凄く楽しい時間でした。

 

相方は生家の2日越しの祭りのために、

獅子舞隊で舞ったり、笛を吹いたり太鼓をたたいたり。

タロジロが小さい頃は、私も泊りがけで行って

ご飯作りに奔走していたのですが、

義母亡きあとは、色々と形態が変わり、

2日目の夕方から義姉さん宅に出来ることお手伝いをしに行ってる。

 

 

ジロは、小2の従兄弟とアホほど遊び倒して

旧交を温めておりました(笑)

夏休みは泊りがけで遊ぼう、みたいな?

 

自宅に戻ったのは、23時過ぎ。

そして、今日は自治会のイベント・ハイキングとなったわけで・・・

このハイキングのお昼ご飯・カレー作りは

数人の女性役員でこなした。

人数がいると、早いねぇ。

 

ちなみに、ハイキング出席者は

一般の人20人、役員12人。

40人分くらいのカレー作りは、1時間ほど。

 

朝の集合は、役員は7時。

カレーの仕上げとご飯炊き。

サクサクと進んだ。

 

もー、眠い、だるい。

 

で、女子役員さんたちと井戸端会議。

ここで、私がジロのおかんだと知れ渡ることになる。

 

「うちの子、何年も前だけどジロくんと遊んでもらってて

凄いなついてたの」

「ジロくん、小さい子の扱い上手いよねー」

「2回、ジロくん家で遊ばせてもらった」

 

ジロ、スゲェ顔が売れてた。

でも、私は全く関知してなかったから・・・(笑)

 

「お陰様で・・・修学旅行に行ったし

ちょっとだけ、放課後登校してるのよ」

そう言った瞬間、私の隣にいたサエコさんが涙目で

「よかった。よかったねぇ。

心配してた。あんな小さい子に優しいジロくんが不登校だって聞いて・・・」

・・・知れ渡ってるのか・・・(苦笑)

なんか全体が湿っぽくなる。

みんな、『うちの子が不登校になったら・・・』とか思うよね。

 

「人生、何があるかわかんないよねぇ。

今日ジロのいいとこいっぱい聞かしてもらったから

しばらく、ジロを刺したりしないからねー」

と言うと、「しばらくかいっっ」とツッコミを入れられ

ゲラゲラ笑ってくれた。

 

つつがなく、今日のイベントを終えて、

他の役員さんとの距離が縮まったと思う。

 

次回は、夏休み。

また濃厚に忙しくなる予感・・・(笑)