読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

12月。始め その2。

朝。

アラームの前に目覚めて家事を始める。

 

タロジロに「起きれ」と声をかける。

朝食を作って、もう一度声をかける。

 

ひと通りのことを終えて

「さっさと起きれ、ご飯が冷める」

この辺りで、タロが起きて階下のキッチンに向かう。

私はコーヒーを片手に

「ジロ、準備しぃ」

 

「気持ち悪い」

・・・なんで?

「吐きそう・・・」

「吐いてこい」

 

えずいてる声を聞きながら

キッチンで温かいお茶を準備する。

保温水筒に入れて子供部屋に行くと

「お腹痛い・・・」

「お茶飲んで温めたら治るさ」

お腹を撫でると拒否される。

 

あぁ、歯を磨かせたい。

こういうの、我慢する忍耐・・・

 

ジロの顔色は白い。

 

髪もすごく伸びた。

おかゆを作り、

「お腹すいたら食べれ」と仕事に行く。

 

若干の罪悪感を抱えたまま。