読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

12月。始め。

朝。

アラームの前に目覚めて家事を始める。

 

タロジロに「起きれ」と声をかける。

朝食を作って、もう一度声をかける。

 

ひと通りのことを終えて

「さっさと起きれ、ご飯が冷める」

この辺りで、タロが起きて階下のキッチンに向かう。

私はコーヒーを片手に

「ジロ、準備しぃ」

大体、この辺りで

「頭が痛い」とか「しんどい」「お腹痛い」が出る。

 

何も言わずに起きだし、階下に向かうジロ。

あ、今日は行ける?

ちょっとわくわくして、黙って見守る。

 

ご飯を食べた奴らの洗い物をして

自室に戻り、仕事に行く準備。

息を潜めて・・・

耳は常に子供部屋方面。

 

ジロが登校する。

 

ふーーーーー

息を吐きだし、安堵する。

 

いつも、この途中で

「じいちゃんが、うるさいこと言った」

「ご飯食べて、お腹が痛くなった」

「おかんの起こし方が気に食わない」

等々、なんでも休む理由にする。

 

学校に行ってくれたらそれが嬉しい。

 

当たり前に行ってた頃には、

こんな気持ちは知らなかった。