読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

操作。

ジロの発熱疑惑の日から、

私は、注意して朝のジロを見るようになった。

 

そばで、喋りながら

「しんどいの?どんなふうに?」

熱を測るジロが、とても挙動不審。

「かーちゃん、靴下取ってきて」

取ってきて、布団に潜り込むジロの布団を剥いだ。

 

体温計を操作してた。

 

無言でジロを見つめる。

「頭が痛いんだよっ」

叫ぶように言って、布団をかぶる。

 

無言のまま、自室に行き

仕事の準備をして、いつものように集団登校の集合場所に

「ジロ、休みます」と告げ

学校に電話連絡をする。

 

この状況の中、眠ってる相方を蹴飛ばしたいのを我慢して

私は仕事に行った。