読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

認識。

不登校の子を

『うちの子は、不登校児だ』と認めるのは

結構、葛藤だ。

 

ジロは・・・熱と頭痛が続いたので

本当に、体調を崩してると思ってた。

だから、病院の検査にも無理やり連れてったし

その結果が、なんの問題もないことにも

「じゃあ、なんで?」だった。

 

この頃のジロの休んだ日の担任からの電話にも

「なんで?」

「どうして?」をぶつけていた。

 

・・・何を勘違いしてたんだろう。

家庭と学校は、明確に切り離すべきだった。

いや、家庭と学校は、続いている流れだけど

混ぜてはいけないんだと、今はわかる。

 

うん。

誰かのせいにしたいんだ。

自分は悪くないと、思いたいんだ。

 

そして、認めることが怖いんだ。

 

それに気づくのに

時間がかかっちゃったけどさぁ。

 

じゃあ、どうするかな。