読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

ジロの退化・・・

先日のこと。

大きな買い出しに出かけることにした。

 

ジロは買い物にはほとんど付いてこないのだけど

この日は、気が向いたのか「じゃ、行く」となり

車で1時間半ほどの鳥取へ向かった。

 

まずは私の大好きな野菜の朝市へ・・・

すごい人混みを見た時点でジロは

「車で待ってる」と言うので、相方と私で突入。

お買い得な買い物を済ませてほくほくと車に戻ると

不機嫌そうに「パソコンショップに寄って」と言う。

 

続いてイオンに向かう。

駐車場から店舗に向かう道すがら、唐突にジロが歌い出したのだった・・・

同じように店舗に向かう見知らぬサラリーマンが

ギョッとした顔でジロを見てそそくさと離れていった。

「ジロ・・・こんなとこで歌うな・・・」

ふと我に返ったような顔をしたジロ。

家でも急に歌い出して

「オレ、歌上手い〜♪」などとほざく。

あかん・・・ジロ、なんか一般とズレてってる・・・

 

イオンで、ちょろちょろと小物をゲットして

人が多いから早めのお昼にしようと

「何食べたい?」とジロに聞くと

「海鮮丼」と言うのでフードコートに向かった。

相方は牛丼、私はうどん、

ジロに千円札を渡して、「買っておいで」と言うと

困った顔をして、「無理・・・」と言った。

「海鮮丼くださいって言って、ピーピー鳴る機械もらうだけじゃん」

「無理」

とりあえず、ジロに席を取らせて海鮮丼を注文して会計して機械を持って

テーブルに行き、「ピーピー言ったら取りに行きよ」

と私は、はなまるうどんに並ぶ。

相方が牛丼を持ってテーブルに戻ってきて、遠目で見てると

相方が海鮮丼を取りに行ってた・・・

かき揚げを乗っけたうどんを手にテーブルに戻る。

 

ジロ、6年の頃は、海鮮丼くらい注文して会計して取りに行ってた・・・

それがもう、出来ないのか・・・

暗澹たる気分・・・

 

その後も文具屋で

「コレ、欲しい」と言うのでお金を渡す。

「無理」

 

アイス屋で「食べたい」お金を渡す。

「無理」

 

服屋で「Tシャツ欲しい」お金・・・「無理」

 

あんたの無理はハードルが低すぎるっっ

自分の欲しい買い物くらい、自分でしろっっ

「ヤダ」

 

どうしよう・・・

中2でコレはないわー。

ジロの買いたいものに相方が全て付き合っていた。

私は、突き放してしまったら出来るんじゃないかと思うんだけど

相方は、「無理だったら・・・なぁ」と。

 

わからん。

どうすればいいのか、わからん。

 

見知らぬ人と話せなくなった事はよぉく判った。

じゃ、どっから手をつけようか。

 

とりあえず、7月15日

相方の生家の大きな祭りがあるからそこにぶっこもう。

去年は喪中だったから、ちゃんとこのお祭りに参加できなかったし。

 

出掛けて、ジロの人見知りがここまでひどくなってる事に気づくあたり。

なんか悲しい・・・