読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

お祭り・お神輿。

集合時間は、12時半過ぎ。

平日ながら小中高生は、学校に『お神輿だから早退させてね』と

書面を提出している。

 

ジロは、相変わらず学校に行かずなので

さっさとお昼ごはんを食べさせるとまた

「行きたくねぇ」

「ダルいし・・・」

などと地味にブチブチ言うのを

着替えとタオルを持たせて

「さっさと行かんかいっっ」と昨日同様叩きだした(笑)

 

少し遅れて、私は小学生たちの祭り着付けの為に行くと

中学生たちが着替えもせずにダラダラとしてたので

「着替えんかいっ」と言うと

「着方が判らん」

・・・特殊な衣装なので、先輩が着方をレクチャーするんだけど

その先輩が1人もいない。

 

小学生の着付けをしながら、

四苦八苦して着つけている中学高校生たちを眺める。

・・・大きくなったなぁ・・・(しみじみ、遠い目)

 

バタバタしながらどうにかこうにか形にして神事をして

お神輿、出発。

 

暑いような、寒いような、微妙な天気の中、

タロジロたち8人が榊を担いで威勢よく練り歩く。

・・・ジロ、背が足りなくてぶら下がってるように見えた(笑)

私は、貢物リヤカーを引きながら一番最後を歩いた。

 

そしてオーラスは、榊神輿が海に入る。

「さぶい〜」と声が聞こえたけど、キコエナイ(笑)

わーわー言いながら、海から川へ遡る。

 

今年も、大きな行事が終わった。

 

そして・・・・・・・・・・・

打ち上げは夜遅くまで盛り上がっていたようだ。

女衆はノータッチ 笑)

 

無事に終わってよかった(^^)