読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

ドッペルゲンガー。

ちょっと前に、小学校6年を対象にした

『中学校体験学習』ってのがあって

同じ中学に通う別々の小学生が一堂に会する事があるわけで。

(このイベントは、複数回ある)

 

エイコさんの中学生の息子ちゃんが

「ジロくん、来てたよ」と。

で、エイコさんからメールで

『中学校体験、行けたのね♪』

 

・・・・・・ジロ、その日も休んでおりました・・・

 

この時の体験学習で

「ジロくん、見たよ」と、別ルートからも聞いて

「はは、休んでたの、ジロ」

「えぇっ、うちの子、見間違えたかな?」

 

そして、先日。

隣の地区の公園で

「ジロくん遊んでたよね。行けるようになったのね」

・・・ここ12日ほど、ずっと休んでるんだけど・・・

 

ジロに似た子。

うーん、思いつかない。

 

ジロが学校に行ってた頃は、

よく目の前の砂浜で5人くらいで遊んでて、

秘密基地とか、漂流物で謎の大型作品とか作ってて、

で、仕事帰りの私は、遠目でも

『あ、ジロがいる。あと・・・リョウくんとタカくんと・・・ゴウくん、かな?』

と、大体は判った。

他所のお母さん方もそんな感じだと思う。

 

似た背格好でも、纏う雰囲気とか『ナニカ』で判断できるような気がする。

 

で。

ジロは、ずっと家にいる。

なのに、外で目撃される。

むむ。

ドッペルゲンガーですな、きっと。

 

私も会いたいぞ。