読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

抱きしめる速度。

 私がジロに、

叩きつけるように、

押しつぶすように、

学校に行け行け、ギャーー

と、言っていた頃は、ジロはそれこそ

私の心を潰すようなことばかり言ってのけた。

 

一度、「死ね」より酷い事を言われた時は、

それは、一直線に私の気持ちを射抜いた。

「ジロ、それは人として、言っちゃいけない。

おかんも傷つく。

それは判って欲しい」

泣きながら言った。

けど、ジロをそこまで追い詰めたのも、私。

 

私がジロに、キツく言わなくなって

ジロの言葉も和らいできた。

そして、気が向けば

私の背中に抱きつくようにもなった。

でも、もうきっと正面から抱きしめることはないのだと思う。

 

次にジロを正面から抱きしめるのは

ジロが愛おしいと思う人だろう。

 

そういや、大人の男性って、泣く場所がないのね。

今回、よくそう感じた。

泣きたくても、その胸で先に泣いてる人がいるのだ。

一緒に泣くって事も出来るのだろうけど

多分、大半の人は慰める方に回ってしまう。

 

だから、私は一度ならず相方を黙って抱きしめている。

それが慰めや癒やしになっているのかは分らない。

でも、私以外にそうする人がいないから(いたら困るな・・・w)

 

タロジロも、もう私に抱きしめられることはないだろうけど

私はいつも、常に彼らに向かって両手を広げてる。