読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

神様はいない。

職場で、義母の状況を話した。

「急に休むかも知れません。

相方が病院に付いているので、来られる限りは仕事に来ます」

「いいの?病院に行かないで」

「行っていいですか?これから」

「いや、困る」

 

淡々と仕事をした。

気持ちに蓋をした。

 

が、部署に一人きりになった途端、こらえきれなかった。

作業を続けながら、ただ祈っていた。

 

神様はいない。

人生の節々でいつも思う。

悪いことは、立て続けにやってくる。

 

仕事を終えて家に帰ると相方からの不在着信に気づく。

かけ直すと、努めて明るい相方の声。

けれど、ほぼ絶望的な状況を告げる。

今、辛いのは相方とか義兄・義姉だ。

判ってる、でも私は声を出せない。

ただ「うん」と相槌を打つ。

「私、明日仕事を休んだほうがいい?」

揺れた声のまま、聞く。

「休めるなら、そうして欲しい」

 

電話を切って、嗚咽を抑える。

職場に連絡しなきゃ・・・

 

タロジロに状況を伝えると

「判った・・・」とだけ。

 

事務的に職場に電話連絡してから

相方の着替え一式を準備する。

義父が心配だ・・・

病院には、私の甥・姪たちが集まってる。

 

ふわふわとした現実味のない気持ちになる。

あぁ、この事もきっと、記憶から抜け落ちると思う。

母の時もこうだった。

だから、ここで書き留めてしまおうと思う。

後で読んでまた、やるせない気持ちになると思うけど・・・

 

でもまだ、義母が生還する事を信じてる。

 

神様は、いない?