読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

髪。

お気に入りの美容院のお姐さんが辞めてしまって以降

なんだか髪を切る場所が無くなってしまった。

ここのシャンプーボーイの指も凄く気持ちよかったんだけど

姐さんに切ってもらうために通ってたし・・・

 

気づくと、腰まで伸びて

手入れが面倒くさいことこの上ない。

 

この秋口に

「タロ、切ってよ」

「いいよ」

ザクザクと30センチくらい切ってくれた。

この思い切りの良さって、どっかで生かせないかな。

 

息子に髪を切ってもらうっちゅーのは

おかん的には嬉しいけど

とりあえず、美容院ジプシーをしないとね・・・