読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

家庭訪問。

担任は、30代の男性教諭だ。

ジロの担任歴では、

『30代』は初めてで

『男性教諭』は2度めだった。

 

6年になって、まさかこんな事になるなんて思わなかったし

こうなった最初の頃、ジロが休んだ日にはほぼ家庭訪問だった。

玄関先で、ジロと軽く今日あったことを雑談する。

「明日は来いよ」

そう言って帰ってゆく。

 

ある日、先生が言った。

「こんな毎回、先生が家に来るの、イヤか?

僕が小学校の時にこんなに先生に来られたらイヤかなぁと思って」

「イヤです」

だったら、学校行けやっ

行かないから、こんな事になってんじゃんっ

ってな言葉を飲み込む。

 

中田先生は、以後

電話連絡が主になった。

 

話は変わるけど、友人ユーリの娘ちゃんのカオちゃんの担任は、

20代の女性教諭で、うちの担任ほど密に関わってくれないと言う。

児童数も教諭の性格も違うから比べてはいけない。

でも、カオちゃんのトラブルに関して

『当人同士の事』として、トラブってる相手の子の話を聴くわけでもない、と。

 

上手く、意思疎通が出来ていない。

 

そんな事を聞くと、ユーリの葛藤やら

カオちゃんの気持ちを想像して切ない。

勿論、ジロの心の在り方も・・・