読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

三者懇談。

今回の三者懇談は、

ジロの中学生活で初めての

『きちんと三者懇談』でした。

 

いつも、私が1人で先生との二者懇談でございました。

 

先生の一学期の総括。

「修学旅行も行けたし、何気に学校来てるよね。

去年から考えたら凄い進歩だと思います。

毎日、学校に来るっていうのは今は無理かもしれないけれど

二学期からは、ちゃんと来たら・・・

それなりに道は開けるよ。

高校を見据えてたら、それはちゃんとしないといけない」

 

ジロは、先生の顔をまっすぐ見据えて

「はい」

と言った。

 

去年のジロは、高校の事も考えてなかったと思う。

このまま、引きこもって・・・ってな甘い事を考えていたと思う。

 

相方は、

「18歳までは、面倒みるけど

それ以降は、自分の事は自分で面倒みろ」

 

ずっと言ってきたけど、まだまだ先とか思って

あまり何も考えてなかったようなジロ。

 

もう、ね。

人生の重要な岐路は、目の前ぢゃね?