読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

あれから。

始業式から1週間。

私は、落胆と期待を繰り返している。

 

始業式がチャンスだったのは

ジロも充分わかっていたし、

『その気』にも、ちょっとはなっていたんだけどなぁ・・・

ダメでしたがな。

 

新しい担任は、年配の男性教諭だった。

タロが中学の頃にも、この先生はいたそうだけど

「どんな先生かは知らない」らしい。

 

とりあえず、じーちゃんにタブレットを返品されないように

『行く行く詐欺(笑)』を繰り返している姑息なジロである。

 

とりあえず、の着地点は、

放課後の部活に行くことだけど、まだそれは叶っていない。

 

それにしても・・・

ジロの同級生の小さな心遣いには、胸が詰まる。

 

先生方から聞いたのだけど

卒業式の時、入学式の時、

教室の自分の椅子を体育館に移動させるんだけど

ジロの椅子も、先生が何も言わなくても

体育館に持って行ってくれたらしい。

 

授業の時のプリント類もきちんと集めてくれてて

ジロの分のプリントがない時は

「ジロくんのプリントがありません」

と、報告してくれるらしい。

 

ジロは、クラスの幻の同級生になりつつある・・・と思う。

もう、ジロの顔も覚えていない子も多いと思う。

それでも、先生方が言うには

「ジロくんは、ちょっと長いお休みしているクラスメイトですよ」

 

そう思われているかもしれないけれど

事実、そうであっても。

ジロの思うこととは多分・・・乖離しているんだろーなー。

 

などとおもう、今日このごろ。