読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

久々の1歩。

ここんとこ、2人の女性教諭の家庭訪問が

頻繁、とは言わないけどある。

 

ジロは、決して会いに下に降りてこない。

 

このお二人は、ただただ

ジロの現状を聞いて、そして私の愚痴を聞き

打開策を探す。

 

話は変わるが

2月の終わり頃、タロの卒業式があり

1月に車の免許を取得したタロは

堂々と車の運転を出来るようになった。

相方名義の車を割りとブイブイいわせている(笑)

タロ名義の納車は3月下旬のようだ。

 

そんな事情をお話したら

「タロくん、中学校までジロくんを連れてこれないでしょうか」

ってな事になった。

身体測定が主な用事。

 

タロ本人も呼び出して、そう言うと

「中学でお世話になった先生にも就職報告したかったから

別にいいですよ」

サラッと決まった。

 

タロは夕方からバイトに行っているので

その辺の事も配慮して、

ひょうひょうと当日が来た。

 

タロの計画は、

まず、カラオケに行って、電気屋に行って

なんかおやつを食べつつ、

「学校行くぞ」って連れて行く。

との事。

 

とりあえず、中学校に向かう前に私に連絡をする事を約束して

私は仕事に行った。

 

仕事から帰ると、ちょうどふたりが出て行くところで

「行ってくるわ」

「おぅ、行ってらっしゃい」

と送り出した。

 

もんもんと時間を過ごした。

 

16時15分、タロから

「今、マクド。これから学校にいくわ〜」

と来たので、中学校に

「17時前にそちらに到着しますのでよろしくお願いします」

と電話した。

 

毎朝「今日も行けません」と連絡する教頭先生は

いつになく嬉しそうな受け答えだった。

 

 

 

奴らが帰ってきたのは

17時45分。

ジロはゴキゲンだった。

ゴキゲンなんかいっっっ

って言うか・・・

 

あんだけ、暴れて嫌がった事を

タロが連れてったらOKか。

 

身体測定をして、部活を見学してきたらしい。

 

身体測定は担任の谷川先生がしたそうだ。

『女性教諭が嫌い』って事を汲んでくれたのかも知れない・・・

 

タロも部活の恩師に報告をして

気を引き締めたんじゃないかな。

 

ジロの『女性教諭が嫌い』の事は

その内・・・上手く言葉にできたら書きたいと思う。

 

タロのおかげの1歩。

私の中では大きな1歩。