読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

タロの進路。

タロは、ジロが不登校になるまで

かなり自由な進路を描いていたように思う。

 

大学・専門学校・専門職。

高校2年までタロの思う進路は把握していた。

タロの中で一人暮らしも選択肢にあったし

それには反対していなかった。

 

でも・・・ジロがこうなって

私もそれなりに壊れていた頃に

私はタロに言ってはいけないことを言ってしまった。

 

『タロがいなくなったら・・・もう、おかんダメかもしれん』

 

タロがいるから、それなりに上手く回っていた事柄もいっぱいあったし

タロが家を出たら、それらのいくつがが崩壊することも判っていた。

 

高校3年の夏休み。

取り寄せていた専門学校のパンフを捨てて

タロは家から通える職場を物色し始めた。

 

複雑な気持ちで、ただただ

タロの気持ちの決定を見守っていた。

 

あの子の人生を歪めてしまったのかも知れない。

あの子の選択肢を潰してしまったかも知れない。

あの子の気持ちを無視してしまったかも知れない。

 

秋口、タロが内定を貰って

今は、学生最後の楽しいことを謳歌している。

彼女も出来た。

 

タロにはたくさんの我慢を強いたと思う。

この先もそんなことがあると思う。

 

・・・私がタロの立場だったら

きっとグレて暴れちゃうような気がする(笑)