読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

偶然。

久しぶりに偶然ママ友さんに遭った。

 

彼女、ミツコさんの息子ちゃんも不登校

一時期はよく愚痴を言い合った。

 

ジロが中学生になって、PTAなどで会わなくなったけれど

スーパーでよく遭ったりした。

 

ミツコさんがちょっと複雑な顔をして

「うちの子、診断が出たよ。

軽い発達障害、なんだって」

泣き笑いのような表情を浮かべたミツコさんに

返す上手い言葉が見つからなかった。

「うちの子が他の子とは違うって思ってたけど

こうして診断が出て、良かったと思う」

「そうかぁ・・・じゃ療養に通ったりするの?」

「ぼちぼち、本人にも納得させて、それからかな。

私も心の準備がまだ出来てなくてね・・・」

 

ミツコさんは、ただ私に聞いてほしかっただけなんだと思った。

だから、当り障りのないことだけ言おうと決めた。

「ミツコさん、またうちにお茶飲みにおいでよ。

気持ちがいっぱいいっぱいになったら、しんどいよね。

うちのジロも、まったく動きがないよ。

体も頭も動かしてないから、カビが生えちゃいそう」

少し、近況を話しして別れた。

 

家に帰ってから、ズドンと気持ちが堕ちた。

ミツコさんが抱えている不安は、いかばかりか・・・

 

せめて、私は暗くなることは言わまい、と心に決めた。