読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

先生のこと。

谷川先生は、夏休みに入ってからも

何度かいらした。

 

「部活、行こう」

「宿題、やってるか?」

「ユウタが寂しがってるぞ」

 

ジロは、谷川先生の家庭訪問だと

きちんと会う。

 

スコンと気の抜けた谷川先生を

多分、ジロは『好きの方向』なカテゴリーに入れてる感じがする。

 

この『気の抜けた』ってトコがポイントだろう。

 

多分50代の谷川先生は

上手く相手(親)の懐に入り、

相手(生徒)を懐柔する術を経験上で知っているんだろうな・・・

と思う場面がよくある。

 

あれらは、経験が作っていくんだろう。

 

けれどきっと。

プライベートの大半は、学校に持ってかれてると思う。

 

先生の奥さんは

勁くて忍耐強くて寛容でないと勤まらないんじゃないかと思う。

 

私自身が壊れ気味な現在。

一服の清涼剤みたいな谷川先生。

 

ジロが、

出来れば、

この事の一端に気づきますように・・・