読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

部活。

インフルの波をかいくぐり

それなりに大会に出場してたタロ。

病み上がりだし、予選敗退だろうと思ってたら

「決勝、行ったもんねー」

である。

ちとびっくり。

 

インフルで体重と筋力と体力が落ちてて

練習もままならん状態で決勝すか。

案外、そんな時にいい感じになっちゃったりするのかも知れない。

 

その大会には、ジロの中学の子も来てて

結構色々と言われたそうな。

「ジロ、なんで学校に来ないんすか?

タロ先輩の弟だし期待してるのに」系の・・・

適当に言っておいたー、などと言うタロ。

『期待されまくりっちゅーのも、辛いだろうけどさー

まず、学校に来て部活に出なきゃ話にならんっ』

ブツブツ言いながら、ジャコをボリボリと食べる。

 

そんなタロの活躍を見てジロが

「俺が大会に出たら即決勝に出場でぇ〜」

ってな夢みたいなことをほざくのだった。

 

アレだよな・・・

タロの普段のコツコツと積み重ねてることとか

全く見てないよな・・・目の前にいるけど。

 

うん。

ジロが学校に行って

部活でコツコツとして

トレーニングに燃えたら・・・

そりゃ、インターハイだよ。

桐生君のように、日本中に名前を轟かせるのさぁ(^^)

 

と言った、夢を見ているバカ親なのだ・・・