読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

結婚した理由。

先日の葬儀の時に、姪・長女ちゃんから

「結婚って、何十年も同じ人と暮らすって事だよね。

信じらんない。飽きないの?

ナギちゃんは、なんで相方くんと結婚したの?」

長女ちゃんは、今の彼氏と2年目。

 

周りにいたのは、姪・次女ちゃん・三女ちゃん、

義姉と次兄嫁ちゃん。

女ばっかだな・・・じゃーいーか。

 

「恋愛の『好き好き、一緒にいたい』ってのは

大体、3年でなくなるんだよねー。

それ以降って、形が進化するんだよ。

ポケモンみたいにw

結婚するのには、理由がいるよね。

で、私は、相方くんともう、20年近く一緒にいるわけだw

理由なんて、何度も形を変えたから忘れちゃったw

でも、相方くんも私も、今もちゃんと好き同士だねぇ。

熱烈に好きって気持ちはもうないけど

相方くんがいないと悲しいな・・・生きていけないかも知れない。

答えになってる?」

 

長女・みーちゃんが

「次兄嫁ちゃんも?」

「うん、そんな感じ」

「そっかぁー、気持ちって進化するんだ」

「姉ちゃんもそうだよね」

話を振ると

「えー、そんな事・・・

でも、そうかなー」と、躊躇ってる。

なんかあるのか?

話を変えよう。

 

「みーちゃんの彼氏は?結婚考えてるの?」

「うーん、最近プロポーズされた」

「ちょっとぉ、姉ちゃん。にぃちゃんが怒るんでないの?」

「あー、怒るわー」

ふふ、娘を持つパパはみんなそうだよねー。

「でも、にぃちゃんも、姉ちゃんを攫ってったんだから

怒っちゃだめじゃーん」

「あ、みーちゃんのプロポーズの事は黙ってて。

折を見て話すから」

「判った。相方くんにも言わないw」

 

女ばかりで喋るのは・・・

基本、好きじゃない私だけど

このメンバーで喋るのは、好きだな。

 

喪が明けたら、みーちゃんの結婚話になるのかな。

お義母さんも、手放しで喜ぶよ、きっと。