読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

私の中にいる先生。

んと。

私の学生時代の事を

少し話しちゃおうっと♪

 

そうね。

学生時代に、私の心の何かを動かす担任に

一度も当たってない。

 

でも、1つだけ。

高校の時の現国の先生。

 

入学してすぐ、

「私の事」ってタイトルで自己紹介及び自分について

原稿用紙何枚でもいいから書く、といった宿題が出た。

何書いたか忘れたけど、5〜6枚書いて出した。

しばらくして、用事で職員室に行くとその先生から呼び止められ

作文の宿題を課された。

『心が動いた時に、そのまま書いて読ませて欲しい』

とても、綺麗な標準語を使う先生だった。

 

作文を提出すると、

いろんな形で褒めてくれた。

 

現国の先生を、別に好きとか嫌いとか思うことはなかったw

部活も華道部なので、まぁヒマっちゃヒマだったから

ぽつりぽつりと、文章を考えてた。

 

卒業までに、8つの物語を提出した。

卒業前に出したそれらに関する先生の言葉は

「あなたが、二十歳過ぎたら一緒に飲もう」

だった。

 

けど。

それは、叶わなかった。

 

担任じゃなかったけど

唯一心に残る先生。