読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

相方の役割。

もともと、相方の仕事はシーズンによっては

早朝から深夜まで、拘束時間が長い。

勿論、休憩時間もあるけど

家には、寝るために帰ってくるような感じ。

 

だから、休みの日は、半日ゴロゴロしてるし

なにか家事をしてくれるわけでもない。

買い物に付き合ってくれるくらい。

 

そんな状態だから、タロジロ的には

「大して口うるさくない、あまり家にいないおとん」である。

 

替りに、おとんの言葉は絶対で

「怒らせたら最後」扱いだ、私が(笑)

 

だってねー。

普段から、ガミガミギャーギャー怒ってる

おかんだもん。

怒られる事に慣れちゃうの。

 

深夜に、ジロがパソコンをする為に

寝室に来た時に

「ダメ、寝なさい」と言う私に

「いやだ、パソコンしないと眠れない」

押し問答が続く。

やがて、相方がむっくりと起きて

「いいかげんにしろっ」

と、怒鳴った。

そして、腕力で寝室から叩きだした。

 

普段から、やってくれよぅ〜相方。

いや、滅多にキレないから、

キレた時の恐ろしさが倍増なんだろうか・・・

 

普段が温厚で、ジロにも

『言い聞かす』方式を取ってるから・・・

 

相方は、ずっとずっと『最後の砦』