読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

魚。

仕事から帰ると、ジロはテレビをぼんやり見てた。

「しんどいの、治った?」

「もうちょっと、しんどい」

 

上着を脱ぎながら

「今日は、サバとアジを買ってきた。

サバは味噌煮にしよう。

アジは、どうしよっか」

なめろうにして」

「判った。じゃ、魚、捌いてよ」

「・・・・・・・・・・うん」

 

部屋から追い立ててキッチンに行く。

手を綺麗に洗わせて、

私は、包丁を研いで、魚をガシガシ洗った。

 

ジロの学校では、5年の自然学校で魚の捌き方を教わる。

ジロたちは、サンマを捌いて缶詰にして帰ってきた。

 

久しぶりの三枚おろし、できるかなー

などと思ってたら、さくっと頭を落として

内臓を抜いて、水で洗い

迷いもなく、中骨に沿って刃を滑らせた。

 

ただ、サンマの時に皮の剥ぎ方を習わなかったようなので

半身の皮を剥いで見せると

割りと小器用に、皮を剥いだ。

「上手いぢゃん」

褒めると、軽くニヒルに笑って

「当然ぢゃん」

 

味噌煮まで付き合わせようと思ったら

「飽きた」と、部屋に上がってしまった。

 

料理をしながら

ニヤニヤが止まらなかった。