読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

偏頭痛。

相方は、偏頭痛持ちで

子どもの頃から、苦労してたらしい。

 

症状としては、

視界が半分になり、めまいと閃光、吐き気。

 

薬があまり効かない。

 

相方のお姉さんもそうで・・・

対処法を聞いたりしてた。

 

それは、タロジロにも遺伝したようで

タロの発症は小学校高学年。

病院で、診断後に

「根治治療はないので、頭痛と上手く付き合う事」

と。

 

田舎なので、頭痛外来がないもので・・・

結局「群発性頭痛」の診断。

 

1錠300円の保険の効かないお薬を試しに5錠買ってみた。

これは、効いたり効かなかったり。

さっくり、タロの苦痛を取り除けるなら・・・と思ったけれど。

 

現在のタロは、

「イブかロキソニンが一番効く」と言うので

これらは欠かさない。

 

タロの場合、予兆があり

その時に、薬を飲んで静かにしてれば治まる事が多々あったので

そんな事情を学校に報告したりした。

 

・・・ただ、タイミングを間違えたら

動けないほどの痛みと、ゲロゲロ吐き続ける・・・

中学時代のタロは、この頭痛と常に戦っていたように思う。

 

そして、ジロ。

この夏休みに、タロと同様に偏頭痛の診断を受けた。

 

ただ・・・

なんか性質が違う・・・と感じた。

ジロは、

「頭が痛い」と言うだけで

吐かないし、ぐったりもしない。

 

なんだか・・・偏頭痛の診断がでた事に

甘えてるんじゃないか、と

そう思った。

 

私自身が、偏頭痛を知らないから

相方やタロが苦しい時に、どうにか出来ないものかと

色々と手をつくしても、詰まるトコは

「放っておいて・・・」なのだ、ふたりとも。

 

普通の状態の相方に聞いた所

「気も使えない状態だから、本当に放っておいて欲しい」

と言われて、ポカリとお茶を準備する以外の事は辞めた。

 

ジロの「頭が痛い」は、

テレビが見れて、ゲームが出来て、お菓子が食べられる。

 

うーん、私

いけずな見方してるかな・・・

 

詐病ならさ、詐病でいいの。

でも、相方やタロの苦痛を見て知ってて、それを真似るのは、

人として違うと思う。

 

学校に行かない理由に

とりあえず偏頭痛にするのは、相方とタロに失礼だ。