読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

11月。ママ友の告白。

相方の仕事が忙しくなり、毎年のことながら

調整に四苦八苦していた。

 

そんな中、ママ友の美香さんから

「これから行ってイイ?ジャンパー持ってくよ〜」とケータイがあり

「オケ、待ってるよ」

 

美香さんの長男・ユウト君は、今年中学生1年で

秋の大会出場が決まり、慌てて部活のお揃いジャンパーを注文したけど

間に合いそうもない・・・ので

「タロくんのジャンパー、貸して」と言われたのが9月の終わり頃。

 

リビングに誘い、お茶しながら近況を話す。

 

ママ友会議、と言えば

ほぼ愚痴、に終始してしまう(笑)

 

その中で、何気なく

「ジロくん、どう?」と聞かれて動揺する私(^^;)

あぁ、そうだった。美香さんの次男のレイト君、小学生だった(笑)

 

小さい学校だから。

休みがちのジロの事は、なにか交流の1つでもあれば、

筒抜け、なんだよね。

 

「今日?休んでるよ。上にいる」

「そうか・・・体調はどう?」

「今日は、頭痛。不登校、だよね・・・」

 

朝の戦争な事を控えめに話した。

 

「ユウトもさぁ、やったの。保育園の時と5年の時。

学校に行けなくて、もう、毎日辛かった。

誰にも言えなくて、ユウトに殴られて蹴られて、

脱臼もしたけど、病院にも行けなかった」

 

いきなりの告白に戸惑う。

・・・え、ユウトくんが?

え、まぢですか?

 

「今は、行ってるよ〜

学校、楽しいって言ってる。

だからきっと、ジロくんも行けるよ。

環境が変わると、本人も変ったりすると思う。

まぁ、断言はしないけど、

基本、男子って単純じゃん?

女子みたいに派閥とかあまりないしさぁ」

 

「私、ジロのこと、無理やり引っ張り出したり

叩き起こしたりしてたけど、

あれって、本当に無意味だったよねぇ。

でも、やらなかったら後になって

無理矢理でもすればよかった・・・とか後悔したかも」

 

「うんうん、無意味。

でもやんなきゃね。

ジロくん、行けるようになればいいね」

 

彼女を見送りながら

自分が晒せば、情報が入ることに気づく。

 

そうよね。

私も、自分から

「ジロが学校に行けない」って言えないもの。

 

自分の中で方向転換を始めた。

遅すぎ、だけど・・・