読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

言葉。

中田先生は、決して親としての私を責めなかった。

 

夜の電話連絡の最初のセリフは必ず

「今日のジロくん、どうでした?」

だった。

 

私は、愚痴のような事を言い、

その対応を考える。

 

いつも、そんな感じ。

 

思考が煮詰まっていた頃だった。

考えるよりも口がついて出る経験を初めてした。

バカみたいに、しゃべり続けた。

ジロの育成歴。

帝王切開で産んだ事や、産まれてすぐに黄疸が出て

光線治療を受けたこと

それが、おかんとして悲しかったこと

お腹の傷が塞がらず、毎日ガーゼ交換に病院に通って

それが尋常じゃなく痛かった事。

 

新生児や乳児の頃にちょっと不憫なことがあったって

それは今に繋がりませんよね?

 

私はずっと、後悔してたのかな、心の底で。

そんな事、11年経った今吐き出したって、何にもならない。

いい大人のすることではない(笑)

 

先生は面食らっていたんだろうと思う。

でも、冷静に常識的に応える中田先生。

壊れモードの私の話を、聞いてくれたのは本当に有難かった。

 

中田先生の言葉の一つが私の救いになった。

多分、この先の大きな支え骨の一つだ。