読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

9月・運動会。

運動会の朝は、タロは部活の大会だった。

早朝からお弁当を作って、いそいそと小学校に行った。

 

前日の運動会準備は、率先してやった。

私が出来る事は、全力を尽くそう。

 

小学校最後の運動会。

児童行進の校旗を掲げて歩くジロに、ほろりとする。

 

観覧席で、ママ友さんに

「ジロくん、体調崩してるんだって?」と再三聞かれて

「成長期のホルモンバランス、崩してるみたい」でやり過ごした。

 

 

心配した組体操もこなす。

リレーでは、アンカーでハラハラした。

 

この少ない人数の小学校。

女子児童って、親に何でも話すんだなぁ、と改めて思った。

男子2人を育ててると、学校のこと・友達のことを聞いても

ほとんど話してくれないから、

女子児童持ちのママさんの伝達力をなめてたよ(笑)

なんていうのかなぁ。

上手く言えないのだけど、やんわりとジロの事を聞き出そうとする素振り、とか。

直情的な私は、その話術のソツのなさ辺りに

『凄いなぁ』と感心したりしてた。

 

そして、

本当に優しい人は、何も聞かないもんだなぁ、

とも思う。