読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

ジロの事。

ジロの小学校は、全校生でも100人に満たない。

ジロの学年は、10人に満たない。

 

保育園から、ほぼこのメンバーだった。

だから、気心が知れてる。

喧嘩もするけど、なんだかんだですぐに仲直り。

仲直りしないと、やってけない状況。

乱暴な子も一人もいない。

みんな優しい穏やかな性格の同級生たち。

その中で、一番元気でやんちゃなのがジロだ。

 

所謂、不登校理由の割合の多い『いじめ』はない。

あれば、あっという間に露呈して、学校ぐるみで取り組んでしまえる児童数でもある。

女子同士では、ちょっとあったみたいだけど

男子は、何一つ問題なく6年まで来た。

 

勉強も、この人数だ。

理解できなければ、マンツーマンで判るまでする。

ジロの成績は、そう芳しくはないものの

基礎も応用も理解してた。

勉強がわからなくて、授業がつまんない。

そういう事でもない。

 

だから、

学校に行けない事由は、ない。

そう思ってた。

 

ジロの不登校の原因は、

最初の頃の頭痛・発熱での、昼間に眠り夜眠れないための昼夜逆転だ。

 

朝、起きられないからずるずると。

休むと、行きにくくなる。

この悪循環だった。