読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

8月。

夏休みに、ジロは

9月末にあるスポーツ大会の為に、練習の日々。

 

7時40分に、中田先生が車で迎えに来てくれる。

 

私は7時35分頃に、パートに向かう。

仕事のために家を出ると、先生の車が停まっているのを

素通り、なんて出来ないし

ジロに「早くしろ」と急かしても「うるせーなー」な頃なので、

ジロが来るまで先生と喋って待ってた。

待たせて申し訳ない・・・

 

もう、何を喋ったのか思い出せないくらいの世間話だったけど、

私が駐車場に向かって歩いて行くと、

律儀に車から出て、ニコニコしてた先生にいつも罪悪感を感じていた。

 

はっっっっっ

今、気づいた。

仕事に行く私は、きちんとメイクしてたけど

ジロが学校を休んで夜の家庭訪問の時には、スッピンだったんだ・・・

 

くぅっっっっ

めっちゃ恥ずかしいっっ。