読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

本の虫。

独身の頃は、

『本とカフェオレと美味しい酒があれば、他に何もいらない』

と言っちゃう、ふざけた女だった。

 

5ヶ月前は

『本と美味しい酒とタロジロ相方がいれば、他に何もいらない』

 

・・・あれ?

贅沢になってんぢゃん(笑)

 

私に本は、必須(笑)

だから、人生における重大事、

タロを妊娠出産の頃は、アホほどそのテの書籍を読みあさった。

だから、普通妊娠・出産あたりの苦痛などは

知識で知ってたし、妊娠後期には

『さあ来い、陣痛っっ』ってな迎え撃つ気、満々だった。

 

それが、まさかの陣痛来ず、促進剤も効かずの帝王切開。

産んだ後も、予想外のトラブル続きで・・・

 

あのね、帝王切開って、陣痛無くて楽、なんて聞いてたけど、

麻酔から覚めて、体の感覚が戻ってくると・・・地獄なんですよ♪

ざっくり切って、赤子を出すんだからねぇ。

その上、帝王切開の次の日には、『自力で腹筋を使って座れ』

 切開2日後には、歩いてトイレに行け、ですもん。

普通分娩を知らないけれど、陣痛もなかったけど、痛いもんは痛い。

泣くほど痛いんだからね♪

そして、育児書を読み漁る私。

そして、勝手に追い詰められる私。

 

標準の成長記録。

タロ、大体、それを達成していない。

歩く・走る・スキップする、の辺りは標準より早かった。

でも、喋る・指差す・大人の身振りを真似するの辺りが遅かった。

(それはジロも全く同じだった)

 

タロ、3歳の頃に、ぷっつりキレて

育児書全て廃棄(古本屋に 笑)

 

育児書に振り回される自分に嫌気も差したし

目の前のタロだけを見よう、と思ったのだった。

思うまでが長かったけど・・・

 

ジロの時は、最初から育児書を見なかった。

出来たことを褒めて、悪いことを怒る。

 

シンプルぢゃん?

ほかになにがある?

 よその子の成長はうちの子と違う。

違っても、いい。

それでも、『平均値』ってのは、心を削る。

 

今、私は、不登校に関する書籍も

ネットに氾濫している情報も

なにも見ていない。

 

それが正しいのか、間違ってるのかは判らない。

色んなケースを読む事も必要かも知れない。

 

ジロのケースは

どこにでも転がってて

普通にどっかかっか、カテゴライズされる事象だろう。

特別なことではないと思う。

 

溢れる情報に振り回されたり

一喜一憂するだけの余裕もない。

 

ジロだけを見よう。