読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

夏休み その2。

目の前が海、と言う環境は・・・

ルールがいっぱいあるのだよ。

 

危険箇所に近づかない。

海で遊ぶなら保護者同伴。

泳ぐなら児童3人につき保護者1人。

 

去年までは、毎日のようにジロが

「海で泳ぐから、監視してぇ〜」と

お願いされていた。

 

私は、UVクリームを塗りたくり

暑い暑い砂浜に子供らに連行されるのだった。

子供らを眺めながら、iPodを聴く。

監視なので、本は読めない。

ただただ、苦行のひとときを過ごす。

 

それが、今年は無かった。

うちに子ども達が集まってた時は

クーラーをきかせた部屋で、みんなゲームをしていた。

 

仕事から帰って、それを見た時は・・・

ゾッとした。

 

まだ、砂浜で暑い時間を過ごす方がマシだと思った。

 

「泳ぎにいく?おばちゃん、行くよ?」

「いや、いいデス」

無機質に答えたユウくん。

他の6人いる子たちは、ガン無視だった。

散乱するスナック菓子。

ペットボトルジュース。

みんな、もくもくとゲームをしていた。