読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

発露。

ジロ。1学期の終わりは、

微熱と高熱が続いていた。

 

朝、子供部屋に起こしに行くと

頭がいたいから、体温計を持ってきて欲しいと言う。

体温計を渡して、私は家事をする。

しばらくして、ジロのところに行くと

37.3度〜37.9度くらいの熱があり

「朝ごはんはいらない」と言う。

 

せっかく作った朝食は、相方が食べたり冷蔵庫行き。

バタバタと、私は家事と仕事の準備に追われ

集団登校の集合場所に

「ジロ、熱が出て・・・休みます」と言いに行き

学校に連絡をする。

 

「おかん、仕事に行くけど、ゲームもパソコンも禁止。

解ったね」

と言いおいて、ペットボトルのお茶を渡して家を出る。

 

仕事中は・・・

ほとんどプライベートなことを考えない。

ただひたすら、集中してこなす。

 

仕事を終えて、家に帰ると大体ベッドにいて

「熱は?しんどい?」

と声をかけて、遅い昼食を作っても

「いらない」と食べない。

 

夕方に、のそのそ起きだして

「お腹がすいた」と言い出し、朝食を温めて食べる。

で、体温計を渡して計ると38度を超えてたりする。

 

そんな日々が続いた。