読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

senesio's diary

息子が学校に行けず、出口の見えない状態です。ぐちゃぐちゃな頭を整理する為に書いています。

職場にて・・・

この夏休みに・・・あったことを書いてしまいましょうか。

 

私のお仕事は・・・

宿泊施設での仲居とデイケアサービスでのご飯作り。

 

今回は、宿泊施設での話です。

 

8月。

週に3日のパート仕事。

そこに入ってきた派遣社員

女将さんから

「職歴のない、20代後半の男性で・・・

目を合わせて喋らないの」

と、聞いていたので、私と同じコミュ症の子だなぁと。

 

・・・コミュ症で、この業界に来るのは、豪快だよね。

私が言うのもなんだけど。

 

ざっくり仕事を教えると、きちんと動く。

ただ、教えてない範囲がぐちゃぐちゃだった。

 

注意は1度したら2度と同じ過ちはしない子だったので

うまく誘導した。

 

褒める。

あとは軽く注意。

それだけで、12日でなんとか使える子にできた。

 

彼は、単純に色々知らなかっただけで

根気よく付き合う先輩がいなかっただけだと思う。

 

「12年、家に引きこもってました。

何も知りません。

こうしてちゃんと指導されたこともなく

派遣も打ち切られたり。

ナギさんが教えてくれたから、

感謝してます」

 

・・・正直、彼とジロを重ねて見てた。

ジロは3年の引きこもりだけど、

18歳でうちから追い出すとずっと言ってるから。

 

「君は、これから伸びるよ。

頑張れ。

わからないことは、聞け。

聞いたら教えてくれるから」

 

彼の最後の日は、私はデイの仕事だったけど

後ほど、同僚から彼からの手紙を手渡された。

 

『ありがとうございました』

それとメールアドレス。

 

登録はしない。

でも、遠くから小さく応援してる。

 

 

錯綜。

気持ち的に、ウツ入ってるけど、

書き散らすよ!!!

 

新学期始まって、中学校では速攻体育祭の練習が始まる。

ジロは、今日現在まで、1度の放課後登校だけ。

 

体育祭の練習の一番の花は

「応援合戦」

これはすごい。

 

一糸乱れぬ動き。

趣向を凝らした演出。

全員一体となったパフォーマンス。

 

この練習に一度も参加してないので

多分、行かないんだろうな・・・

 

で、中学の練習とは別に

地域運動会のアトラクションの練習には皆勤賞。

 

地域運動会には、出る気満々なわけだ。

 

当然、担任には、この状況は逐一報告している。

先生も忙しいだろうに、ほぼ毎晩、電話がある。

 

中学体育祭は、9月11日。

地域運動会は、9月17日。

 

行けば楽しいのにさぁ。

行けよ、このやろー。

 

とりあえず、明日と明後日は、仕事は入れてない。

ジロが行くのなら、連れて行ける。

いつでも連れて行けるさ。

 

ちなみに・・・

私は自治会役員やってるので

地域運動会では、忙しくたち働くことになってる。

ジロに目をやってる暇が多分ないけど

参加してたら周りに押されてガッツリ参加させられるだろうw

 

もっとちなみに。

アトラクションのグッキーダンスは、

みんなもう完璧に踊れるので

あとは、リハーサルの立ち位置確認くらい。

 

絶対に。

ジロのグッキーダンスは、スマホで動画、撮っちゃう。

自治会役員のお仕事、差し置いてもw

この夏。

夏休みは、忙しかった。

 

もう、暑さに仕事に役員会議にイベントにプライベートにポケモンGOに。

ヘロヘロ・・・

 

年々、暑さの耐性がなくなってくよ。

 

なんていうか・・・充実してたわけではない。

どれも惰性に近い気分で

楽しい時は楽しいんだけどねぇ・・・

 

暑いのが悪いんだよ。

暑いの、嫌い。

 

 

さて、ジロの奴は、

たまにはラジオ体操に出かけ、連れと遊び

盆踊りでは、地域の人と触れ合い踊りまくったり

夏休みの宿題に少し着手して・・・

夜中に散歩したりとか。

 

で、現在は・・・

9月半ばにある地域の運動会のためのダンス練習に毎晩行ってる。

こちらの地域運動会の出し物には、中3の子のダンス披露があって、

だいたい、夏休み中から練習をする。

ジロたちの出し物は、グッキーである。

YouTubeでグッキーダンスで検索すると出る)

 

今夜は、私、担任からの連絡待ちで欠席だけど

ほぼ毎晩、練習に付き合う。

 

中学生は・・・まぁ、恥ずかしがる。

グッキーダンスも、なんだかだらだらとしか踊らない。

 

キレッキレに踊ればかっこいいと思うんだけどなー

だらだら動いてるのって、まぢでどつきまわしたくなるよ。

 

本番には、キレッキレにカッコよく踊ってくれることを期待して・・・

ポケモンGOと夏休み。

ポケモンGO、落としてしまいました・・・

 

私は、今までポケモン系は一切やったことなかったんだけど

タロジロは、いくつかプレイしてた。

 

そんなこんなで

相方・タロ・私のスマホ

ポケモンGOに征服されているわけで・・・

 

ジロ。

ポケモンの卵の孵化のために

お散歩である。

 

いいね。

 

でも私のスマホだ。

 

や、私のスマホ利用頻度って少なくてねぇ。

もう、いつでも解約して良かったのが

この低落(笑)

 

ポケモンGO、スゲェね。

 

さっき、相方と私のスマホを持って

この近辺、1つしかないポケストに行ってきてくれたよ。

 

モンスターボール、3コずつの収穫。

 

ジロが飽きるまでは、

ちぃと付き合おうかねぇ。

 

 

 

あ、そーだ。

ちなみに、終業式の日は登校しました。

あっさりと持ち帰った成績表は、

オール1でございます。

 

 

 

終業式・1日前。

さて。

中学校は7月20日が終業式、多いんでしょうか。

明日、ですね。

 

ジロは、今日

ちゃんと朝から中学校に行きました♪

 

1学期最後の2日くらいは行こうかってな気分になったのかもしれません。

クラスメイトも、とても『ウェルカムッ』ってな空気だそうですよ。

 

多分、明日も登校するんじゃないかな。

 

や、どうかなー

期待して裏切られてきた日々を考えると

朝、起きてご飯を食べて、

「学校、いくわ」と言うのは、かなりの思いがけない事なので

なんとも言えないわ。

 

普通の子が普通に登校して

成績がどうとか、とか。

うらやましいくらいの事。

 

うちのハードルが低すぎなんだろうけど(笑)

 

あぁ、色々麻痺してるよねぇ。

 

 

あぁ、そうだ。

夜、担任の先生から電話があって

 今日のジロについて、報告があった。

 

このきめ細かい対応も、

ジロが学校に行く理由になってるかも知れない。

 

友達・先生・親。

うまく連携が取れてたら

『学校に行ってもいいかな』に繋がるのかも。

 

1年・2年の時の担任が良くなかったとは言わない。

タイミングあたりが一番大事・・・じゃないかな・・・

濃厚だった2日間。

昨日は・・・朝から昼過ぎまでデイケア・ご飯作りのお仕事。

それから自治会役員の今日のお昼のためのカレー作り。

その後、相方の生家にてお祭り料理の手伝い。

ってな、朝から晩までご飯作りだったわけです。

 

や、お仕事以外は、1人仕事ではなかったし

和気藹々とご飯を作ったんだけど、

まぁ、疲れるわけです(笑)

 

昨日の夜は、義姉さん宅で

ガンガン料理を作り、少しだけビールを頂いて

愚痴発散のように喋り倒し・・・えぇ、凄く楽しい時間でした。

 

相方は生家の2日越しの祭りのために、

獅子舞隊で舞ったり、笛を吹いたり太鼓をたたいたり。

タロジロが小さい頃は、私も泊りがけで行って

ご飯作りに奔走していたのですが、

義母亡きあとは、色々と形態が変わり、

2日目の夕方から義姉さん宅に出来ることお手伝いをしに行ってる。

 

 

ジロは、小2の従兄弟とアホほど遊び倒して

旧交を温めておりました(笑)

夏休みは泊りがけで遊ぼう、みたいな?

 

自宅に戻ったのは、23時過ぎ。

そして、今日は自治会のイベント・ハイキングとなったわけで・・・

このハイキングのお昼ご飯・カレー作りは

数人の女性役員でこなした。

人数がいると、早いねぇ。

 

ちなみに、ハイキング出席者は

一般の人20人、役員12人。

40人分くらいのカレー作りは、1時間ほど。

 

朝の集合は、役員は7時。

カレーの仕上げとご飯炊き。

サクサクと進んだ。

 

もー、眠い、だるい。

 

で、女子役員さんたちと井戸端会議。

ここで、私がジロのおかんだと知れ渡ることになる。

 

「うちの子、何年も前だけどジロくんと遊んでもらってて

凄いなついてたの」

「ジロくん、小さい子の扱い上手いよねー」

「2回、ジロくん家で遊ばせてもらった」

 

ジロ、スゲェ顔が売れてた。

でも、私は全く関知してなかったから・・・(笑)

 

「お陰様で・・・修学旅行に行ったし

ちょっとだけ、放課後登校してるのよ」

そう言った瞬間、私の隣にいたサエコさんが涙目で

「よかった。よかったねぇ。

心配してた。あんな小さい子に優しいジロくんが不登校だって聞いて・・・」

・・・知れ渡ってるのか・・・(苦笑)

なんか全体が湿っぽくなる。

みんな、『うちの子が不登校になったら・・・』とか思うよね。

 

「人生、何があるかわかんないよねぇ。

今日ジロのいいとこいっぱい聞かしてもらったから

しばらく、ジロを刺したりしないからねー」

と言うと、「しばらくかいっっ」とツッコミを入れられ

ゲラゲラ笑ってくれた。

 

つつがなく、今日のイベントを終えて、

他の役員さんとの距離が縮まったと思う。

 

次回は、夏休み。

また濃厚に忙しくなる予感・・・(笑)

 

 

 

 

 

三者懇談。

今回の三者懇談は、

ジロの中学生活で初めての

『きちんと三者懇談』でした。

 

いつも、私が1人で先生との二者懇談でございました。

 

先生の一学期の総括。

「修学旅行も行けたし、何気に学校来てるよね。

去年から考えたら凄い進歩だと思います。

毎日、学校に来るっていうのは今は無理かもしれないけれど

二学期からは、ちゃんと来たら・・・

それなりに道は開けるよ。

高校を見据えてたら、それはちゃんとしないといけない」

 

ジロは、先生の顔をまっすぐ見据えて

「はい」

と言った。

 

去年のジロは、高校の事も考えてなかったと思う。

このまま、引きこもって・・・ってな甘い事を考えていたと思う。

 

相方は、

「18歳までは、面倒みるけど

それ以降は、自分の事は自分で面倒みろ」

 

ずっと言ってきたけど、まだまだ先とか思って

あまり何も考えてなかったようなジロ。

 

もう、ね。

人生の重要な岐路は、目の前ぢゃね?